台風22号2017佐賀県への影響や接近は?最新進路予想と米軍情報も!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

先日の台風21号が猛威を奮い
過ぎ去ったかと思いホッとしていたのもつかの間
追いかけるように同じルートを
また新たな台風22号(サオラー)が
10月24日午後3時マリアナ諸島で発生しました。
中心気圧は現在990hpaとまた
勢力の強い台風となると予測されています。

現在の台風22号の勢力や位置と
台風22号の最新進路予想や米軍情報も合わせ、
佐賀県への影響や接近の可能性も調べましたので
参考にされてください。

台風22号の最新進路予想

【2017年10月27日午前10時30分発表】

台風第22号は27日9時には沖縄の南にあって
北西毎時20kmで進んでいます。
中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/sです。

この台風は28日9時には那覇市の南約150kmに達し
29日9時には屋久島の南南西約120kmに達する見込みです。
30日9時には日本の東に達するでしょう。
台風周辺海域および進路にあたる海域は
しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

台風22号の現在の勢力や位置


引用元:YAHOO!JAPAN台風情報

名称 SAOLA(サオラー)

大きさ ---

強さ ---

存在地域 沖縄の南

進行方向 北西

速さ 時速20キロ

中心気圧 990hpa

中心風速 25m/s

最大瞬間風速 35m/s

※台風が予報円に入る可能性70%

最新米軍進路予想


引用元:米軍合同台風警戒センター

米軍合同台風警戒センター(JTBC)が発表している
台風22号の予想進路では
10月29日(日)の午前中にかけて
関西地方、東海地方付近から日本列島に
上陸するとの予想になっています。

その後は進路を東に進めながら
東京を中心とした関東を通過するとの予想となっています。

週末の10月29日(日)には東京でも
再び大雨や強風の影響を受ける可能性が高いので
十分に警戒されてください。

先日の台風21号に引き続き
今週末も日本列島に大きな影響があると思われますので
引き続き最新の気象情報を十分に確認されてください。

現在の被害状況は?

現在日本では台風22号による被害は
まだひどくないようです。
台風が接近しているとは思えないほど
ここ数日は天気が良いですね。

沖縄県では少しずつ風が強くなってきている様子。
台風の進行方向には前線があるため
東日本と西日本では明日土曜日からとなり
局地的に激しい雨が降る見込みです。

雨の降り方や最新の台風情報に
注意が必要してください。

気象庁発表 今後の台風進路

【2017年10月27日午前10時30分発表】

台風第22号は27日9時には沖縄の南にあって
北西へ毎時20kmで進んでいます。
中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は25m/sです。

この台風は28日9時には那覇市の南約150kmに達し
29日9時には屋久島の南南西約120kmに達する見込みです。
30日9時には日本の東に達するでしょう。
台風周辺海域および進路にあたる海域は
しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

引用元:気象庁ホームページ

佐賀県への影響や接近の可能性はあるか?

現在台風22号は中心気圧990hpa
非常に強い勢力で沖縄の南
北西へと進んでいます。

今回の台風22号は先日の21号と同じような
コースを進むだろうとの予想があり
再び大雨や暴風の被害が出る可能性が高いので
十分に注意、警戒が必要です。

現在は日本への影響はまだひどくありませんが
今週末日本へと接近、上陸の恐れがあります。

日本列島の方向へと沿って
進む進路予想になっており、
台風の進行方向には前線があるため

東日本、西日本では明日土曜日から雨となり
局地的に激しい雨が降る見込みです。
少なくともまた先日の台風のように
大分県を始め
各地で台風による被害が出ると思われますので
最新の台風情報の確認をされてください。

また21号の時と同様、
台風が日本へと接近するのが
週末ということもありますので
外出される時には最新の気象情報や
交通情報をご確認の上、
十分にお気をつけください。

まとめ

以上、台風22号の最新進路情報と米軍進路予想を
現在の被害状況と共にまとめていきました。
佐賀県への接近や影響はあるのかも
合わせて調べていきましたが
今回の台風22号も非常に勢力を強め
日本へと接近、上陸する可能性があります。
また台風21号と同じようなコースを進むだろうと
予測されていますので
引き続き強風、暴風や大雨に被害に
十分ご注意ください。

●台風22号は10月28日(土)~29日(日)にかけ
日本列島へと接近、上陸する恐れがあり
影響を及ぼす可能性がある。

●現在は沖縄の南北西に向かい
時速30キロの速さで進行している。

●先日の台風21号と同じようなコースを
通ると予測されており
21号同様、大雨や暴風に十分警戒が必要である。

今後日本列島へと進路を進め
激しい雨や暴風など被害を及ぼす可能性が高いですので
十分注意されてください。

また接近、上陸の可能性が
また週末という予測ですので
外出の予定があった方も多いと思われます。
最新の気象情報、台風の進路を確認し
十分に警戒されるようお気をつけください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。