シミの種類と治療法を写真付きでくわしく解説!見分け方はあるのか?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

30代から40代にかけて現れやすいと言われる『シミ』。
ひとことにシミと言っても原因によって
様々な種類があることをご存知でしょうか?
それぞれに治療法も異ってきます。
今回はシミの種類とそれぞれに異なる
治療法についてくわしく解説していきたいと思います。

はじめに

まず、シミというのは医学的な言葉ではなく
厳密な定義はございません。
顔にできた茶色っぽく見えるものなら
なんでもシミと呼ばれるので
皮膚科医から見るとホクロやイボに相当するものでも
『シミ』と呼ぶ人もいます。

つまり、肌の上に正常な皮膚色とは別のもの
(主に茶色や黒色)が発生し
美容上問題になったものを一般的には
シミと呼んでいるようです。

そして、それらを医学的に言うと
だいたい6種類に分けられます。

まずは自分のシミがどれに当たるのかを
チェックしてみましょう。

美白成分が効かないシミがある!

シミの中にも、美白化粧水が効くものと
効かないものがあります。
美白化粧水が効くのは老人性色素斑(初期のもの)
炎症性色素沈着肝斑です。

女性が気にするシミのほとんどが
『老人性色素沈着』ですがこれに関しては
ごく初期の見えるか見えないか程度の薄いものにしか
美白化粧水は効きません。
「シミができた」と思って美白化粧水を使っても
思ったように効果が得られず
「美白化粧水なんて効かない」と思って
諦めてしまう人が多いのはこのためです。

しかし、美白化粧水に効果がないわけではなく
きちんとした使い方をすれば効果は現れます。

まずは自分のシミの種類を把握し
その治療法について確認しましょう。

ではさっそくシミの種類と
その治療法について解説していきます。

シミの種類

先程も説明致しましたが
シミには医学的に6種類の種類があり
その治療法はどれも異なってきます。

老人性色素斑

まず『シミ』と言われるものの中で
最も多いのがこちらです。
日光性黒子ともいい、紫外線の影響でできるもので
主に頬骨の高い部分に1センチ大くらいまでの
丸い色素ができ、はじめは薄い茶色をしていますが
次第に濃くはっきりとしてきます。

治療法

はっきりとしてきたものは
レーザー治療でないと取れません。
ごく初期のものなら美白化粧水も有効です。

脂漏性角化症

先ほどの老人性色素斑から
次第にイボのように盛り上がってきたものを
こう呼びます。
よく見ると表面はボツボツしています。
手の甲などにできる茶色いシミも
これに相当するものが多いです。

治療法

レーザー治療でないと取れません。

雀卵斑(ソバカス)

一般的には小さいシミのことをソバカスと呼んでいますが
厳密には遺伝的なもののみソバカスといいます。
10代のころからでき始め、小さい茶色い色素斑が
鼻を中心に散らばるようにできます。

よく見ると、シミのひとつひとつが丸というよりは
三角や四角い形をしています。
白人委はとても多いのですが
日本人でも色白の人に比較的多く見られます。

治療法

レーザーで治療すれば綺麗に取ることができますが
美白化粧水の効き目はあまり良くないようです。

炎症性色素沈着

ニキビ痕や傷の痕などが茶色くシミになって残ったもの。
足にできた虫刺されがしばらくシミのようになって
消えないことがありますが、
それも同じものです。
またムダ毛を毛抜きで抜いていると
毛穴の周りが黒くなることがありまずが
これも炎症性色素沈着です。
無理に抜くことで毛穴が炎症を起こしているのです。

炎症性色素沈着になると「痕が残った」と
心配される方が多いのですが
時間がたてば消えることもあります。
ただし消えるまでには2~3年かかることもあり
また、その間に日焼けしてしまうと
消えなくなることもあります。

治療法

早く消すにはピーリングがとても有効です。
また美白化粧水を併用することもオススメです。

肝斑

頬骨の部分にモヤモヤと左右対称にできることが多く
色は茶色、灰色などさまざまです。
鼻の下や額に出ることもあります。
肝という字を使いますが
肝臓とは関係なく、女性ホルモンのバランスが
崩れたときにできると言われます。

そのため妊娠中、ピルを服用したとき
また更年期の人によく見られます。

治療法

レーザー治療では不向きで
トラネキサム酸という薬を数カ月服用すると
薄くなることが多いです。
ピーリングや美白化粧水も有効ですので
内服薬と併用すると
より早く効果が現れます。

花弁状色素斑

海などで急に日焼けした後に
方から背中にかけてできる小さなシミで
よく見ると花びらのような形をしています。

治療法

レーザー治療が確実で
その他の方法で消すことは難しいようです。

シミを何とかしたいなら

たくさんある美白のための化粧品の中から
ひとつを選ぶのはとても難しいように思えます。
使い心地や価格も大切ですが
なによりも大切なのは『美白成分を含んでいる』
ということです。
当たり前のようですが、中には美白成分を
満足に含んでいなくても『ホワイト○○』
のようなイメージで売られているものもあります

「よく分からないけれど美白っぽい化粧水を使っています」
という人が多いのですが
それでは確実な効果は期待できませんので
注意しましょう。

メラニン色素の量を減らす

そもそも、美白成分とはどんなものなのでしょうか?
メラニン色素が作られる際に肌の中で起こる反応を
どこかで抑えるものが美白成分です。
つまり、メラニン色素工場の歯車に
どこかでブレーキをかけるものと思ってください。

美白成分はこれから作られるメラニン色素を
減らすように働くものです。
今肌にあるメラニン色素を分解するわけではありません。
したがってできてしまったシミを消すというよりは
これからできるシミを予防するという働きの方が
メインとなります。

まとめ

以上、シミの種類や治療法について
まとめていきましたがいかがでしたか?
ひと口に『シミ』と言っても
シミのできてしまった原因も異なり
そのシミの種類はたくさんあることが分かるかと思います。
治療法も様々で、できてしまったシミは
なかなか消え去らないのが現実です。
現在ではレーザー治療を行われる方も増えております。

ご自身のシミを十分に把握し
気になる方は一度早めに医療機関への
受診をされてはいかがでしょうか?
専門医がくわしく診察してくれますよ。

こちらの記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。
最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。