ママレードボーイが映画化へ!気になるキャストや予告を調べてみた

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

 

少女マンガ誌『りぼん』で大人気だった
連載コミック『ママレードボーイ』
なんと映画化されることが

本日2017年8月22日発表されました!!

気になるキャストや予告編・ストーリなどを
まとめてみましたので
参考にされてください!

ママレードボーイ

ママレードボーイは1992年から
集英社の少女マンガ誌『りぼん』にて
連載されていた人気コミックです☆

作者は吉住 渉さんで『りぼん』での掲載は
1992年5月号~1995年10月号まで掲載されていました

約3年間の掲載でしたが
その人気はかなりのもので

今までテレビアニメ化・
劇場アニメ化
さらに台湾では
実写のテレビドラマ化までされているほどです!

そんなママレードボーイが今回
なんと映画化!!ということで
原作ファンからも楽しみにしている声が
多くあがっていました☆彡

でもマンガを映画化にするのは
原作ファンとしては
誰が演じるのか気になるところだと思います!

キャストを詳しく調べましたので
さっそく見ていきましょう!

キャスト

今発表されているのは
ヒロインの二人だけです!
まず

小石川 充希役

(桜井日奈子)

松浦 遊役

(吉沢 亮)

あらすじ

気になるあらすじについてまとめました☆

小石川 光希(桜井 日奈子)
ある日いきなり両親から「離婚する」ことを告げられる。
ハワイ旅行で出会った松浦夫婦と気が合い
母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため
お互いパートナーを交換して再婚するのだと言う。
しかも、松浦夫妻の息子の松浦 遊(吉沢 亮)も含めて
みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。

そんな非常識な生活の中、一緒に暮らす遊に惹かれ始めていく。

やがて、二人は付き合うようになるが
遊は『自分の本当の父親』を探していた。
そして両親たち4人が、ハワイ旅行で出会ったのではなく
学生時代からの友人であったことを知り
自分と光希が『血のつながった兄妹』である可能性を疑うようになる。
遊は光希に別れを告げて、進学先を『京都工業大学』に決める。

大学に進学しても遊を忘れられない光希は
遊に会うために京都に行くが
遊は「彼女がいる」と嘘をつく。
しかし、夏季休みで帰省した際
気持ち抑えきれなくなった遊は
自分達が『兄妹』であることを光希に打ち明ける。
最後の思い出として、北九州への旅行をした二人は
たとえ禁断の関係であっても結婚することを誓い合う。

帰宅した二人は、両親たちから『過去についての真実』を聞かされる……。

映画予告

映画の予告編が公開されていないか
調べてみましたが
今発表されているのは
ヒロイン二人の情報のみでした!

公開日

公開日は2018年の予定なので
まだ撮影にも入っていないのかもしれませんね!
ちなみに2018年全国公開となっていますが
上映開始日の情報はまだ出ておりませんでした

情報が入り次第またアップしたいと思います☆彡

桜井 日奈子コメント

映画が公開するにあたって
本人たちからコメントがされていました!

まずは桜井 日奈子さんのコメントです

【小石川光希役:桜井日奈子コメント】
私が映画のヒロイン役?本当の事なんだろうか?
とまだ実感できていないのが正直な気持ちです。
「ママレード・ボーイ」のヒロイン、小石川光希はとにかくピュアで
すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。
20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか
光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。
そして、廣木監督とお仕事できることを幸せに思います。
デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては
思ってもみなかったチャンスです。
家族に翻弄され、恋に悩み苦しむピュアで一途な光希を全力で演じたいと思います。

吉沢 亮コメント

【松浦遊役:吉沢亮コメント】
今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが
お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので
今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。
ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと。
廣木監督とは以前にも少女漫画原作でご一緒させてもらっていて
是非またお仕事させて頂きたいとずっと思っていたのでとても嬉しいです。
90年代の恋愛の金字塔とも呼べる大人気コミックを
今の若い世代で頑張って作り上げます。
どうぞ温かい目で見守ってください。

監督 廣木隆一コメント

監督はストロボエッジPとJKで
メガホンをとった廣木隆一さんです!
監督からもコメントが届いていましたので
載せておきます。

【監督:廣木隆一コメント】
少女漫画ってなんだろうと思わせてくれる
僕の中での原点でもあり今なお愛されてる原作を
映画化できることはとても嬉しいです。
思春期の男女がピュアに誰かを好きになるということがどんなことなのか?
そうして悩んだ時もある大人達のドラマもあり
広い層に愛される作品にしたいと思います。
未知数の桜井と演技派でもある吉沢で
どんなラブストーリーを見せてくれるのか楽しみです

とのことでした!

まとめ

2018年公開ということで
今からとても楽しみな作品ですね☆
桜井日奈子さんはまだ駆け出しで
とってもピュアでほわほわとした方なので
どんな仕上がりになるのか気になるところです!

早く予告が見てみたいですね^^
楽しみに待ちたいと思います

ご覧頂きありがとうございました☆

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。