北朝鮮がミサイル発射で日本上空通過落下地点はどこなのか!北の狙いは?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

本日8月29日午前6時すぎ
政府が北朝鮮からミサイルが発射されたようだと発表した。

警戒対象地域は北海道、青森、岩手、宮城、
秋田、山形、福島、茨城、群馬、新潟、長野の各県。

菅官房長官は先ほど緊急会見を開きました
『本日5時58分ごろ北朝鮮が
北東方向に向けてミサイルを発射しました
米国・韓国と手を取り

国家安全会議を直ちに開催し
対応について協議致します。
このように繰り返される北朝鮮の行為は
深刻かつ重大な問題である。
最も強い言葉で非難致します。
国民の安全のために最善を尽くします。』

ミサイルに関して詳しい情報は入っておりませんが
北朝鮮は今月26日にもミサイルを3発発射しております。

また先月にもミサイル発射しております。
今回のミサイルの種類はどんなものだったのでしょうか?

「国民を保護する情報」として国が 落下対象地域を発表。
場所は北海道や東北地方など。
携帯電話にはJアラートが届いた 。
なお続報で北海道上空を通過したことを発表。

落下地点は?

北朝鮮のミサイル、落下地点は北海道上空を通過
襟裳岬東方1180キロの海域に落下しました
自衛隊による破壊措置の実施はなかったようです。

北の狙いは?

もともと北朝鮮という国は
相手を挑発して危機感を持たせて
周辺の国から援助を受けて
成り立ってきているような国。

そんな自分勝手極まりない国が
成長して発展するなんて
ありえない話ですよね。

ずっとかれこれ
3代に渡って独裁政治をしてきています。
こんなだからアメリカに
全く相手にされていなくて
協議の場などに呼ばれていない状態なんですね。

なので、ミサイルを発射して
アメリカを挑発して直接協議できるような場を
作ろうをしている感じです。

アメリカと直接交渉して
有利にうまいこと今の独裁政治を
続けていこうとしているわけです。

で、アメリカにつぶされないように
我が国は強いんだぞ!
こんなヤバイ核兵器を
持ってるんだぞ!

おらおらおら~!

というのをアピールのため
ミサイルを発射しているのです。

なんだかんだ弱い国は
つぶされてしまいますから
核ミサイルがいつでも
スグに使える状態であることを
アピールしておけば自分たちの身を守れる

そう思っているのです。

おい!言うことを聞かないなら
ミサイルを撃つぞ?いいのか?

という脅し、挑発をしている感じですね。

その脅しや挑発を本物にするため
90年代以降、何度も北朝鮮で
ミサイルが発射されているのです。

今後の対応

日本は韓国米軍と連携して今後の対応を協議していく予定です。
今回の飛行時間は14分飛距離は3000キロメートルで
分析すると火星12号の可能性が高いとのこと。

政府は北朝鮮が何らかの飛しょう体を発射したと見られることから
総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に
関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集しました。
総理大臣官邸には緊急参集チームのメンバーが次々と駆けつけており
情報の収集と被害の確認などにあたることにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。