台風18号2017東北(山形)に接近&上陸の可能性!影響や進路は?米軍予想も

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

 

2017年9月10日に発生した台風18号について
東北への影響はあるのか?
台風の進行方向がぐいっと変わり
日本列島を横断予定とのことで
台風が向かっている東北方面への影響や
上陸の恐れについて調べてみました。

参考にされてください。

台風18号最新進路予想

2017年9月14日最新の台風18号の進路予想はこちら

強い台風18号(タリム)は現在
沖縄県・宮古島を暴風域に巻き込みながら
北西に進んでいます。
その後、3連休は日本縦断の恐れがあり
激しい雨や雷雨に厳重な警戒が必要です。

現在の台風18号の情報

台風18号の現在の最新情報です。

(最新情報 13日10時)

大きさ --
強さ 強い
方向 北西
速さ 時速15km
中心気圧 965hpa
最大風速 40m/s
最大瞬間風速 55m/s

台風18号の米軍最新予想

JTWC(米軍)の予想を見てみると
9月15日夜に中国から九州方面に進路を変え
17日早朝には長崎の佐世保付近に接近する可能性があり
注意が必要となります。

ECMWF(ヨーロッパ予想)でも
9月15日の夜に進路を大きく変え
九州に接近すると予想されています。

16日~18日にかけて本州を横断する進路予想です。

気象庁情報 台風の今後の動き

強い勢力の台風18号は沖縄の南を
西寄りに進んでいます。
今後は発達しながら北西へ進み
明日は沖縄の先島諸島に最接近する恐れがあります。
先島諸島では暴風や高波に警戒が必要です。

📎台風18号情報

台風18号は勢力を強めながら
13日に沖縄の先島諸島にかなり接近する見通し
この方面は次第に風が強まり
13日は大荒れの天気が予想されます。

📎日本の広域の進路予想

宮古島では現在雷雨が激しいようで
島の防災センターがずっと
パトロールにまわっているようです。

現在の宮古島の様子

宮古島現在の雨風の激しさ

物凄い雷雨です・・  

これだけ見てもかなり勢力が強く
雨風、雷雨が激しいのがわかりますね。
みなさんくれぐれも河川にはもちろん近づかず
外出はできるだけ避け厳戒な注意をされてください!

東北への影響は?

現在の進路情報を確認すると
大きく方向を変えて16日には九州上陸の可能性が高いです。

変わりやすい台風の進路ですが
このままいくと日本横断の進路をたどり
東北への影響は少なくとも出ると思われます。

先ほど動画にも載せましたが
現在の宮古島での台風の威力は強く
非常に雨風が激しくなっています。

念には念を、
最新の台風進路情報を確認し
十分に注意されてください。

山形に上陸の可能性あり!?

台風の進路情報を見ていると
山形県に直撃する方向に進路が進んでいます。
進路の変わりやすい台風ですから
方向や勢力がどうなるか見解がつきませんが
東北地方への影響はあると思われますので
十分注意されてください。

早いうちに
温帯低気圧へ変わってくれるといいのですが・・

まとめ

以上台風18号の最新進路予想
東北への影響や上陸についてまとめました。

●台風18号は9月16日(土)の夜に
九州に上陸する可能性が高い。

9月17日(日)四国、中国地方、近畿地方
台風18号による影響を受ける可能性が高い。

9月18日(月)は進路を北東に進め
東北地方を縦断する可能性がある。

9月16日(土)~9月18日(月)の三連休
全国の広い範囲で台風18号の影響を受ける可能性が高い。

台風18号の予想進路の状況をまとめてみました。
三連休で外出される方もかなり多かったのではないでしょうか?

お出かけの際には最新の台風情報を
しっかり確認するようにしてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。